社員教育に関して知りたいならこのサイト

>

社員教育の提供方法や必要性について知りたい

提供する方法

社員教育の提供方法として「集合研修型」と「eラーニング型」があります。
「集合研修型」は受講者が会場に集まって、講師からセミナーを受けたり、参加者同士でディスカッションをしたり、おそらく研修や社員教育では定番中の定番と呼べる方法です。
また講師がセミナーを行うのは「セミナー型」ディスカッションなどが行われるのは「ワークショップ型」と呼ばれます。
「eラーニング型」は社員1人1人が動画などのコンテンツで、それぞれのペースで学んでいくスタイルです。
仕事の合間、時間や場所を問わず受講でき、交通費などのコストを抑えつつ必要な教育プログラムを提供することが可能です。
多忙な社員にも、コンプライアンスなどの確実に受講させたいといったケースで大きなメリットがあります。

社員教育の必要性

社員一人一人の言動や振る舞いが、会社への信頼・信用に直結するため、社員教育は絶対に欠かせない項目です。
取引先や顧客と関わる部門は会社の看板を背負います。
常識的な振る舞い、規律を意識した言動がなければ、顧客や取引先から不評を買いかねず、取引を断られてしまう可能性もあります。
社員はそれぞれ異なる環境で育ってきた人間なので、意識や考え方、仕事の知識や常識、会社の規範などを社員教育として浸透させる必要があるのです。
人事部や経理部のような社内での仕事がメインである部門も、会社の看板を背負った社員に違いありません。
部門によって必要となるノウハウやスキルが異なるため、社員教育も現場や職場に必要とされるものが優先されがちです。
しかし、近年は、人事異動や配置転換にも対応できるように、トータルな社員教育が必要とされる傾向にあります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る