社員教育に関して知りたいならこのサイト

>

社員教育を外注するメリットとデメリットを調べてみた

メリットは?

社員教育を外注すると、講師としてプロである人物にコンテンツを指導してもらえます。
また社員教育に必要なものの準備もする必要がなく、セミナー会場や講習場所に社員が向かうだけでOKです。
社員教育を受注している業者というのは、いわゆるプロ集団です。
いくつもの社員教育や研修を請け負いこなしてきたプロだからこそ、用意するコンテンツも上質で信頼できるものになり、社員研修の質そのものが期待できます。
そして社外の人間だからこその視点や考え方、ビジネススタイルや新たな目線を学ぶことができます。
さらに他者と自社の比較をすることで、自分の会社の持ち味や特徴、改善すべき点が分かりやすくなります。
社員教育を外注するかどうか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

デメリットを知ろう

社員教育を外注した場合、最大のデメリットとなるのは「それなりの費用が発生すること」です。
業者や用意する会場など条件によって金額は異なるものの、その金額は決して安くありません。
講師に支払う講師代、会場代や社員の交通費、昼食代など必ず発生します。
また、社員が研修やセミナーを受けるにあたって会社の閑散期など、多くの社員が研修を受けられるよう時期やタイミングを考慮しなければなりませんが、講師や業者サイドの予定ともすり合わせなければなりません。
社内だけの研修やセミナーであれば会社の都合のいい時期だけで良かったのですが、外注することで外注先の予定も打ち合わせしなければならず、思い立ったらすぐに受けられるという訳でもありません。


この記事をシェアする

TOPへ戻る