社員教育に関して知りたいならこのサイト

>

株式会社の起源と日本で最初にできた株式会社は?

社員教育の基本的なお話

企業・会社が自社社員のスキルや知識を育てる、社員に対し教育を提供するのが「社員教育」です。
社員教育と一言で言っても形式は様々です。
例えば社内研修と呼ばれるものは、社員教育として有名です。
その他にも面談も社員教育の一環ですし、OJTや資格取得支援といった制度も、社員教育の一環として広まっています。
中にはオススメの本を配布する会社もあるなど、社員教育の重要性が高まっていることがわかります。
自分の会社の特性に合わせて、どんな社員教育にするか決めましょう。
どのような社員教育にするか、会社内でアンケートを取ってみると良いアイデアが思いつくかもしれません。
これから、どんどん社員教育が当たり前になっていく時代が来ることでしょう。

教えて!社員教育の目的

社員教育の最終的な目的は、社員一人一人の質向上による会社の信頼性アップと業績アップです。
社員教育を通して常識や会社の共通認識を浸透させ、業績に直結するビジネスマナーも併せて行う会社がほとんどです。
基本的な電話対応や接客、敬語の使い方や名刺の渡し方といった社会人としての必須スキルは、主に新入社員教育で行われることが多いです。
ここ数年で特に重要視されているのが、社内不祥事や情報漏洩、SNSでのトラブルといった項目での社員教育です。
社員の誰か1人が不祥事や犯罪を起こしてしまえば、会社全体のマイナスイメージとなってしまいます。
社員教育の中でコンプライアンスを浸透させ、情報漏洩防止やセキュリティ対策を徹底するよう務めます。
さらに業務上必要なスキルや技能・ノウハウを身につけさせ、会社全体での企業理念や規範を従業員に浸透させることも社員研修の目的の一つになります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る